以前、自宅リフォームのタイミングを部分ごとに紹介しましたが、

プロが教えるリフォーム時期、タイミング

今回は外壁塗装について、失敗しないために、信頼できるプロに施工してもらうための知識を詳しく紹介いたします。

塗料選びは、外壁塗装の料金や耐久年数を決めるので重要です。そのため、塗料のグレードごと(シリコンやフッ素など)の耐久年数や価格帯を理解することをオススメします。

但し、どんなに良い塗料を使っても、業者が手抜きなくしっかりと施工しなければ、塗料が持つ耐久年数を発揮できない点だけは注意が必要です。

塗料とは、顔料、添加剤、合成樹脂、これらの3の成分を混ぜ合わせたものを言います。

合成樹脂は、耐久年数に関わるので、塗料を選ぶ中で一番重要です。

もしかすると、「シリコン塗料が主流」「フッ素は高級な塗料」というようなことを聞いたことがあるかもしれませんが、これらは含まれている合成樹脂のことを言っています。

また、同じメーカーのシリコン塗料で油性と水性の場合だと、油性の方が耐久年数が長いです。

最近では、どちらのタイプも耐久年数が変わらなくなってきてると言われますが、まだ油性の方が長いです。

●シリコン塗料  耐久年数と価格のバランスがよく最も使われている塗料。耐久年数約10年。

●フッ素塗料  耐久性も高いが値段もかなり高い(シリコンの1.5倍)。外壁はシリコン、屋根はフッ素という使われ方をする。耐久年数約15年。

※ちなみに耐久年数とはそれまで一切劣化せず、この年数になってから劣化が始まるということではなく、外壁塗装は塗ったその日から劣化は進みますので、ギリギリこの年数まで耐久できるという年数です。

モルタルとは

以前主流だったモルタル壁ですが、モルタルの上には防水施工がなされています。

太陽の紫外線によって防水の役目をしている塗料の樹脂が劣化すると、その内側のモルタル外壁の防水性が失われていきます。壁を触ると、手のひらにチョークの粉のようなものがつきます。この劣化状態が「チョーキング(白亜化現象)」と呼ばれる症状です。

セメントが主成分のモルタル外壁は、防水性を失うと雨水を内部に侵入させてしまいます。チョーキングが確認されたときは、つまり防水が無くなっているということなので、いよいよ外壁塗装が必要な時期と考えて良いでしょう。 →外壁塗装のタイミングかもと思ったら

岩槻で外壁塗装をするなら

足場と養生の価格相場

仮設工事の適正価格は、一般的な2階建て住宅で設置料金込みで足場が~900円/m2、養生ネットが100~200円/m2です。m2辺りの単価だとわかりにくいかもしれないので、住宅の一般的な延べ床面積の大体の相場をまとめました。

述べ床面積 足場面積 壁面積 費用
30坪 170~190m2 130~140m2 約15万円
40坪 200~220m2 155~165m2 約18万円

よほどの勾配があったり、複雑な建物の作りなどの理由もなく1000円/m2(足場面積)を超えると、怪しいと思ったほうがいいかもしれません。

逆に単価が安すぎるのも、安全性や施工の完成度が不十分になる可能性が大です。

外壁塗装工事の期間は何日間?

では、実際に外壁塗装工事をするとなると工事期間は何日かかるのでしょうか株)ニッケンの外壁塗装工事の記事はコチラ

実際の施工事例は↓↓コチラ↓↓ (写真は施工後)

さいたま市M様邸 工事後お客様アンケート

【外壁・屋根塗装工事】価格 750,000円(目地のシーリング打ち直しは別途)

Q1、弊社をお選びいただいたきっかけは?

A、築11年を機に、相見積もりをしてこちらが良かったので選びました。

Q2、施工管理者、職人の対応はいかがでしたか?

A、相談にものっていただき、親切で感じが良かったです。

Q3、出来上がりはいかがでしたか?

A、満足。施工が丁寧でしかも早く仕上がりました。

※ちなみに、M様邸では、この他に屋根の防水塗装とベランダの防水塗装も同時に行いました。

足場の設置の手間を考えると(一度に十数万円はかかりますので)、これらはいっぺんにやってしまった方がお得です(´▽`)

外壁塗装 業者

さいたま市で外壁塗装工事をするなら、まずはお気軽にご相談ください

※【外壁】金属サイディングリフォーム 重ね張りカバー工法 さいたま市 白岡市