防水には大きく分けて【密着工法】と【通気工法】の2種類があります。

密着工法は屋上・バルコニーなどの床面に対してそのまま塗るあるいは張る工法です。
通気工法は湿気の逃げる層を1層作り、その上に防水をする工法です。

例えば屋上の防水工事を、ウレタン防水の密着工法で施工する場合、密着工法は充分乾燥させた下地へ施工するなら問題ないのですが、屋上のような分厚い保護コンクリートで覆われた場所などの場合、中まで十分に乾燥させるのが難しく、防水層で蓋をしてしまうと残っってしまった水分の蒸気が逃げ場を失い、やがて防水層を持ち上げて表面が膨れてしまうのです。同時に下地から防水層を剥がしてしまうのです。

この膨れを抑える工法として、内部から上がってきた蒸気を通気緩衝シートの中へ逃がし、脱気筒などまで送る工法を、通気緩衝工法といいます。水分が脱気筒を通って外部に排出されるため、防水層の膨れを防ぎます。

つまり、雨などの上からの水分をシャットアウトするとともに、膨れの原因となる下地に含まれた蒸気化した水分を外部に脱気させるとても優れた工法なのです。

ここ20年ほどで普及してきた工法で、直接雨のかかる屋上やルーフバルコニーなど、また大面積での施工に適した工法といえます。
また、屋上を防水する場合に密着工法では無理があり、通気工法にしなければいけないケースが多くあります。

バルコニー防水塗装工事 外壁 屋根

【一般家庭のバルコニーの防水工法】

FRP防水工法

FRP防水は、プラスチックならではの欠点がいくつかあります。
まず紫外線が長期間当たると、劣化してヒビ割れてしまうこと。これが最大の欠点です。が、しかし、定期的にトップコートを塗り替えることでそれを防ぐことが出来ます。また、伸縮しにくいので、地震などで建物が揺れた場合も、ヒビの危険性があります。

バルコニー防水塗装工事 外壁 屋根

ウレタン防水工法

ウレタンは不定形材料のため、施工場所の形状が複雑でも、簡単かつ確実に施工できるのが特徴で、しかも軽量です。施工場所に物があっても、別素材の旧防水層があっても、その上から施工できます。
材料を塗るだけなので、改修工事として簡単な工事であり、工期も短く済み、コストも全面改修に比べ半分以下で済みます。

バルコニー防水塗装工事 外壁 屋根

外壁や屋根工事と一緒に

バルコニーの防水塗装工事というのは、耐用年数から考えても外壁工事や屋根工事と一緒に契約することが多いです。むしろ、外壁のついでに防水塗装工事という感じでしょうか。

バルコニー防水塗装工事 外壁 屋根

足場と養生の価格相場

住宅の一般的な延べ床面積の大体の相場をまとめました。

述べ床面積 足場面積※ 壁面積 費用※
30坪 170~190m2 130~140m2 約15万円
40坪 200~220m2 155~165m2 約18万円

バルコニー防水塗装工事 外壁 屋根

いかがでしたでしょうか。

株式会社ニッケンではリフォームのプロがベテランの職人と共に安心工事・適正価格でのリフォームをご提供しております。ご興味がある方はぜひ一度ご相談下さい

水周り修理工事の高額請求にご注意を!!

トイレやキッチンなどの水周りの故障を修理し、驚くほどの高額請求をされるケースが、最近相次いでいるそうです。
【その怪しい点】
①見積もりをしない。見積書を提示しない。
②何の説明もなしに、いきなり工事
③即座の現金払いを請求してくる。
④保険が使えると、適当なことをいう。
⑤相場とかけ離れた金額を請求
工事業者からすると、上記5点は全て、どれもあり得ません。1つでも当てはまったら悪質業者間違いなしです。
そういう会社に限って、会社概要が住所と電話番号しか掲載されていなかったり、口コミも良く見ると適当です。
少しでも怪しいと思ったら、絶対に気を付けてください。支払をしてしまっては、相手の思うつぼです。
困った時こそ慎重に、タカが故障の修理と思わず、本当に信頼できる業者に依頼することをおすすめします。

バルコニー防水塗装工事 外壁 屋根

リフォームの相見積もり依頼 必要?

バルコニー防水塗装工事 外壁 屋根

リフォーム評価ナビ:口コミで見つかる、理想のリフォーム会社